明日の残りもの

好きなものをひたすら好きなだけ @pakupaku_gugu

キミが微笑めば運命は揺れる

 

このブログは、めちゃくちゃ『リューン 風の魔法と滅びの剣』のネタバレを含みます。というか、ほぼネタバレしかしてません。たった2回しか見ていない+観劇中はメモを取らないジャニオタの戯言だと思って聞いてください。これから行われる公演が初見だよ〜って方は是非まっさらな気持ちで見てください!

 

まず本日お話をしたい、リューン〜風の魔法と滅びの剣〜とは…

関西ジャニーズJr.の藤原丈一郎大橋和也初主演を勤めているオリジナルミュージカルす!!!初主演でオリジナルミュージカルです!ジュニアなのに主演です!初主演で全国回ってます!嬉しいことなので100回言いたいところを我慢しました。100回聞いてくれる優しい方がいるのなら100回言います!!!(落ち着いて)

関西ジャニーズJr.が交代で書いている関ジュ日誌で西畑大吾くんがめちゃくちゃ褒めてくれていた舞台です。(大吾くんありがとう…うぅ)(私も風の声を聞くよ…)

 

 

公式に発表されているあらすじを抜粋すると…

 

f:id:anoookoxp:20180213001339j:plain

 

 

え、普段関西ジュニアの中でシンメの二人が殺しあうお話?!そして、天使でPON!でおじさんたちとこじはるにプリンちゃんと可愛がられる大橋くんが闇落ち?!なにそれジャニオタの願望かよ!!!(頭をコンクリートに打ち付けちゃうね…)(血文字でリューンって書こっと)

は〜まじ無理(語彙力)死ぬ死ぬ…嘘、この目で観るまで死ねない…と情報解禁から3ヶ月間違っても初主演作品を観る前に死なないように細心の注意を払って生きてきた。横断歩道は手をあげて渡ったりするなどした(するなどとは)

 

 

そんな記念すべき舞台をプレビューと本公演と見させていただいた(チケットまさかの全滅したのに2回も見せてもらった)(本当にありがたい…)藤原担の私がお得意の深読みとつたない記憶、御都合主義の拡大解釈でお届けするリューンのここにグッときたところ5選。まだまだ増えると思うけど、今書けるのはこれくらいなので私的の備忘録として残しておきます。もう一度入らせていただく予定があるので、またリューンブログは書くと思います。では、前置きはここまで。超絶長いけど読んでくれたら嬉しいです。

 

 

 

 

「おやすみ、エルカ」

リューン・フローこと藤原丈一郎くんのセリフ。フローがエルカのことを好き?という解釈は人それぞれだと思うけど私は今はまだ気づいていないけど好き、もしくは好きのどっちかかな?と思う。

基本的にフローもダイもエルカも、めちゃくちゃ15歳なんです。幼くって純粋。だから色恋沙汰が描かれて無いことがこの舞台のいいところでもある。この物語の中ではっきりと恋愛関係なのってマーナムとアリーシャの夫婦だけ。切ない…

私がここだけは双眼鏡で表情を見て欲しいと思うシーンがいくつかあって、1つが二幕の焚き火の前でフローとエルカが一角狼座の話をしているシーン。(ファンルンが裏切る前夜)

初日に見たとき『え、フロー絶対エルカのこと好きじゃん?!幼なじみを好きになるとか、オタクが妄想する藤原丈一郎かよ!!!』って叫んだ。エルカは前を向いてニコニコ無邪気に喋ってるんだけど、フローの視線がね!目尻を下げて口角を優しくあげてうんうんって聞いててそこだけ15歳の少年に見えなくって、「あ、エルカのこと好きなんだ」って思う。そしてその後の「おやすみ、エルカ」。エルカはもう横になって背中を向けて居るのにちゃんとエルカの背中を優しい微笑みで見ながら言うんです…今後とれ関に丈くんが出るときの甘いおやすみのセリフはそれでお願いしたい。全藤原担がエルカに改名するよ…その後、エルカと逆隣にいるファンルンに寄って背中を向けて眠るのも合わせてキュンってする。

 

 

 

エルカのエコーミュージック

2幕のエルカのソロ曲。この曲の時も双眼鏡覗いて欲しい…洞窟でエルカがはしゃぐシーンです。すごいマニアックなこというと私は浜崎香穂ちゃんの演技の中で好きなのが足の動かし方。(超絶マニアック)エルカの明るさがステップで丁寧に表現されてるし、エルカが叫ぶところでは肩幅にしっかり開いて身体を大きく見せてくれるのがすごい力強くて圧倒される。

また、フローはエルカ好き説を唱えるんですけど、エルカが洞窟で楽しそうに歌うシーンはエルカが飛び跳ねるのを本当に楽しそうに見てるんです。。。エルカの歌声にドキドキワクワクしているけど、楽しそうに歌うエルカの邪魔をしないように少し離れた後ろから体を傾けて見る姿が可愛くて可愛くて…邪魔はしたく無いけどどんな表情で歌ってるのかな?って気になっているのかな?と私は思いました。あと曲中にファンルンにフローが無言で視線を送るんだけどそれが「うちのエルカ、凄いでしょ?ふふん♪」って感じで可愛くて死ぬかと思った。

 

 

 

フローダイ違い

フローとダイが徹底的に違うところは過去とどう向き合ってるかってところだと思います。二人とも同じ土地で生まれて、同じ日に両親と故郷をなくした。歩んできた過去は一緒のはずなのにどうしてこうも違うんだろう?と思っていたら、パンフレットの中で

丈くんが語ってくれていました。ダイは「自分でどうにかしよう。」と考え、行動する人でフローは「この世界に魔法があればいいのに」と考える人。丈くんがしっかり描きたいと言ってたその部分はすごくキャラクターに出ていた気がします。フローは基本的に「魔法」を強く信じているからこそ危険な行動に出れるんだろうな〜と思います。左腕なんてなくても、殺されそうになっても、魔法があるかもしれない…怖いくらい無意識にどんなものか分からないものに頼ってるんじゃないかな。ダイは、自分で実感できるものしか信じられ無いから戦士になろうとするんだろうな。

クライマックスでダイが弔いの旅に出るときに剣ではなく、魔法道具を持っているという変化がすごく好きでした。私の記憶の中では灯がともる杖(?)だけを持っていた気がするんだけど…(ほんの少しだけ先の未来が見える水晶も持ってたかな?)

これから、もしかしたら一生続く弔いの旅。ダイは強いけど、これからはフローもエルカも、師匠のマーナムもいないから、月明かりよりは暗いけど明かりを灯してくれる杖を持って行ったのかな。と思いました。

 

 

藤原丈一郎大橋和也

私はあまのじゃくなので供給されすぎると「ふ〜ん」ってなってしまうタイプなので丈くんと大橋くんというシンメにすごくこだわりがあるタイプではなかったんだけど、この舞台がダブル主演で本当に良かったな。と素直に思った。それに丈くんを担当としている立場からは「大橋くん、ありがとう」と思った。本当に努力型と天才型で全く違う二人。パンフレットを購入した方はぜひ見て欲しいページがあるんだけど、演出家のウォーリー木下さんと二人の対談のページ。滅びの剣を二人が握っているんだけど丈くんはめちゃくちゃ力を入れて握っていて大橋くんは割とゆったりと手を添えているように見えませんか?こんな場所にまで二人の違いは現れるんだなと思いました。気持ちをピンと張り詰めすぎちゃう丈くんをちょうど良いくらいに軽くしてくれるのは大橋くんなんだろうな〜。

 

 

カーテンコール

観劇した関西担当全員が言ってることだと思うんだけど、本当に2時間半いろんな意味でずっとしんどいんですよ!この舞台!疲労感がハンパない。でも次の日になると「え、毎日でもみたい。。。なんでもう観れないの?」ってチケット探してる。ドエムかよ。でもカーテンコールで二人が出てきた瞬間安心して力が抜ける。私は初日でダイから大橋和也に変わる瞬間を見た時ここは松竹座かな???と思った。カーテンコールで脇を固めてくれているカンパニーの皆さまが若くて小さな座長、二人をニコニコしながら見ている多幸感ったらない。書き残しておきたいカーテンコールが丈くん、大橋くんそれぞれにひとつずつあります。

まず丈くん。まだまだ若いぺーぺーなんで…22歳のお誕生日の日のカーテンコールで、カンパニーの皆さまにサプライズでお祝いしてもらった後涙で大きな目をキラキラさせながら言った言葉。そうだよ君は若いんだよ、これからなんだよって大きな声で言いたくて、でも言えないから代わりに涙腺が緩んだ。数々の場で自分が長くジャニーズJr.をしていることを少し自嘲気味に語るから、ずっと気になってた。まだまだ若いはずなのに、14年という長いキャリアが丈くんをどこか自信なさげにする。でも、22歳の誕生日に自分のことを「まだまだ若い」って言い表してくれた丈くんは自信に満ち溢れていたよ。

大橋くんのカーテンコールは、直接見て無いんだけど東京千秋楽のなので皆さんも楽しく生きてください!演者さんたちがずっこけてしまったシーンだったみたいだけど、私は大橋くんのこの言葉すごく好き。リューンで大橋くんを今まで以上にちゃんと観るようになって大橋くんのあの笑顔にすごくパワーを感じました。「僕、こんなに楽しくって、幸せなんだよ!応援してくれてありがとう!」って聞こえてくるようなあの笑顔。正真正銘のスーパーアイドルですね、あの子は。だから感極まって泣いてしまった大橋くんから出たこの言葉が大橋くんの全てだなと思いました。楽しく生きなきゃだなって思った。

 

 

 

もっともっと言いたいことはあるけど本当に私記憶乏しい…

藤原担の私が言うと説得力ないんだけど、自担が出ていなくても、絶対に出会いたかったと思う舞台です。このブログは観劇済みの人にしか絶対伝わらないけど、一人でも多くの人にリューンが愛されると良いな〜と思います。あまりにも勢いで書きなぐったから下げちゃう記事かもしれないけど、お付き合いいただきありがとうございました!!!